新しい家族を募集しています!

2018年7月1日(日)生まれの男の子です

生後約9か月(2019年3月25日現在)

体重:2.3kg
体高:24cm

小ぶりながら、とても健康です。

ご家族の一員としてお迎えいただける方にお譲りしたいと考えております。

 

お問い合わせ

お問い合わせはお電話のみにて承ります。ご連絡お待ちしております。

Tel:045-315-5760
Mobile:080-3640-9665

 

新しい家族が決まりました!

外資系にお勤めの方のお宅で、新しい家族の一員として暮らすことになりました。

 

チャイ(4歳・女の子)

彼女は英国での交配後にベラ・ジェイという子犬と、さらにもう1頭、立派な後継を産みました。

体重:3kg
体高:26cm
体長:28cm

(左)ルナちゃん/(右)チャイ

右の美しい黒毛がチャイです。

先日、チャイのオタクより嬉しいお便りが届きました。

先住犬のことも仲良くなれ幸せそうなチャイ。本当に感謝しています。

桜の下で仲良く2ショットの画像ありがとうございます。

 

成犬を家族に迎えることの素晴らしさ

成犬を家族として迎えることの良さは、

  1. 仔犬からだと、ゼロからしつけをしなくてはいけない。年齢的に無理・・・。
  2. 家庭犬として、トイレのしつけもしっかりとできていた。
  3. 無駄吠えしないから飼いやすい。

これらが代表的な理由です。

年齢的にも落ち着いているため、話し相手としても良い、というお声もいただきます。

インスピレーションとしても、朝の散歩から一日が始まる犬の面倒は、私一人では7頭が精一杯です。仔犬が生まれたら、さらに大変なことに・・・。

一頭で可愛がっていただける、信頼のおける、愛情あふれる飼い主様にお渡ししたほうが有意義な第2の犬生を送れると考えております。

しつけは家庭犬としてしっかりとしてあるので、自信を持って高齢のご夫婦に飼っていただけると思います。

また、せっかく後継のために仔犬を産ませても、頭数が増えたために次の繁殖ができない・・・という悪循環にならずにすみます。

 

余談ですが・・・。

ブリーダーの中には30頭、50頭、時には100頭以上を一度に飼う方がいらっしゃいますが、それでは健康管理もままなりません。

よほど多くのスタッフがいるなら話は別ですが、一人で10頭以上は「増殖屋」と考えます。

インスピレーションでは、ブリーダー的な、一日中ゲージの中・・・などという生活はさせておりません。

 

プードルの賢さを象徴する出来事

全盲の方が里親になってくださいました。今まではきちんと訓練されたラブラドールやシェパードを飼っていたそうです。

うちの子は何の訓練も受けさせていません。しかし、物を落とすと拾ってくれたり、くわえられないような形状・重さのものであれば落ちている場所を教えてくれたりするのだとご報告をいただいたのです。

それまでは名前を呼ぶと正面に座り、尾を振って存在を示していただけでした。

しかし、飼い主の目が見えていないことを次第に理解したようで、そばに来ると必ず手の甲に自分の鼻を押しつけ、「ここに居るよ!」と合図をするようになったそうです。

もちろん私は教えていません。このお話を伺い、非常に驚きました。

我が家の犬たちは空気を読めると今までも言われてきましたが、教えてもいない全盲の方の手助けができるとは、さすがに思ってもみませんでした。

プードルはとても頭が良くて人なつこく、飼いやすい犬です。

 

こちらのフードを食べて育ちました
↓↓     ↓↓
http://www.all4dogs-japan.com/

 

インスピレーションの始祖犬・ムーニーをご紹介します

ムーニーは現在、学校の生徒さんがご紹介くださったお宅にご家族として迎えられ、とてもかわいがっていただいています。

インスピレーションプードルの始祖犬であるムーニー。たくさんのショードッグやチャンピオン犬を育て上げ、数々の名犬を残してくれました。

ムーニーと出会うまで、そして現在までのオーナーのちょっとした思い出話と、活躍してくれた子供たちを写真つきでご紹介いたします。

私がムーニーと出会うまで

英国から初めて来日したのが「ムーニー」でした。

彼女を輸入するため、私は3年間、英国のドッグショーに通いました。その結果、質の良い犬を育てるだけでなく、人間的にも素晴らしいブリーダーさんにめぐり会うことができました。

その後、ムーニーの母親でもある「ミッシー」と共に、イギリスで1年間、チャンピオンシップショーに参加し、2005年に「クラフト展」に出陳することがかないました。

そこでは非常に多くのことを学びました。トイプードルの犬質、健全性など、ありとあらゆる知識を獲得したのです。

ムーニーは、母犬ミッシーと父犬ENG.CH ROGINS OSCAR WILDとの交配により授かりました。そして本格的に英国ラインで繁殖をするインスピレーションプードルの始祖犬となったのです。

ムーニーの両親をご紹介しますね。

ムーニーの母ミッシー

ムーニーのパパ(ENG.CH ROGINS OSCAR WILD)その後

 

ムーニーへ・・・

ムーニーとはドッグショーにもたくさん行きました。

CH完成後は数回の計画繁殖のみ。私のポリシーであまり繁殖はしなかったけれど、自分で次世代へ残す子を含めても、こんなにショーを走ってくれた犬が多かったことにびっくりしています。

初めての出産でナッツ、ピア、ドロップを産んでくれました。仔犬たちも素敵にショーチャレンジしましたね!!

2回目の出産では蒔きちゃん・美優ちゃんという素敵な仔犬たちを育ててくれました。

3回目の出産はサーター・アンダギーと、なかなか楽しい仔犬たちが育ちました。

みんなみんな素敵な家族のもとへ引き取られていきました。

ナッツや美優ちゃんのご家族は今でも近況を添えて写真を送ってくださいます。

ありがとう!! ムーニー!!

インスピレーションは、あなたのおかげで素晴らしいプードルの血統を残し、次世代に繋げてくれました。

大きな役割を終えたムーニーは数々のショードッグを育て上げたのち現役引退しました。これからは、我が家で残りの犬生をのんびり過ごしてくださいね。お疲れさまでした。

ピアと蒔きがあなたの大事な血を次世代に繋いでいきますね。ありがとう!! ムーニー!!

 

ライル

ライルは私たちと共に生活し、10歳になりました。

この10年間でさまざまな活躍をしてくれましたが、いよいよ後進に道を譲り、リタイアすることになりました。これからはのんびりと過ごそうね。

ライルを私に譲ってくださったブリーダーのノーナに感謝いたします。


2歳でJW(ジュニアワラント)の称号を頂き、私と一緒に英国から帰国したライル。

彼はすぐに日本のショーに走り、わずか5回のドッグショーの出陳で日本のチャンピオンになりました。

そのうちの1回はプードルだけのショーでした。クラスには20頭のエントリー。その中で1席を獲得し、さらにリザーブウィナーズまで取得できたときは、2人で大喜びしました。

また、FCIの大きなドッグショー(審査員は全て外国人)ではチャンピオン犬になるために必要なCCカードを取得。素晴らしい成績を残しました。

ライルは今でも動きも抜群、お顔もとても綺麗な、そしてスクエアーでエレガントなタイプの犬です。

彼はあまり交配しませんでしたので、仔犬も数頭しか残っていませんが、その子たちから今後のインスピレーションの後継に繋がるように繁殖していきたいと考えております。

今は函南にお住いのオーナー様ももとで幸せに暮らしています。

このオーナー様は、学校の生徒さんがご紹介くださいました。仔犬は飼えないからとのことで、成犬のライルを家族としてお迎えくださったのです。

毎月1回、トリミングを受けるライルの様子を見られて、私も安心しています。