英国トイプードル(ブラック・ブラウン)専門ブリーダー インスピレーション(静岡県富士宮市)
インスピレーション
英国系トイプードル(ブラック・ブラウン)
専門ブリーダー
[ 事務所 ]
〒257-0015
神奈川県秦野市渋沢3-23-8
TEL&FAX:0463-72-7430
インスピレーションのyoutubeチャンネル
インスピレーションのブログ
インスピレーションのコンセプト
Land of Holistic Pets 総輸入元 ALL4DOGS
日本ハンドリング協会
Dog Saron fluffy poo
Dog Salon Kaiz


TOP > 成犬譲渡

成犬譲渡

インスピレーションの次世代に繋げてくれた英雄たちを紹介します。




●ムーニー
インスピレーションプードルの始祖犬である、ムーニー。
たくさんのショードッグやチャンピオン犬を育て上げ、数々の名犬を残してくれました。 ムーニーと出会うまでから今までのオーナーのちょっとした思い出話と活躍してくれた子供たちの写真を紹介します。
英国クラフト展にて



私がムーニーと出会うまで。
英国から初めて来日したのが”ムーニー”でした。彼女を輸入するために私は3年間英国のドッグショーに通いブリーダーを厳選し犬質もよく、人間的にも素晴らしいブリーダーさんと会うことが出来ました。
その後、ムーニーの母親でもある”ミッシー”と共にイギリスで1年間チャンピオンシップショーに参加し、2005年に「クラフト展」に出陳することが出来ました。そこでたくさんのことを学び、トイプードルの犬質、健全性などあらゆることを吸収したのでした。

写真はムーニーのパパその後、ミッシーとENG.CH ROGINS OSCAR WILDと交配しムーニーを授かったのでした。 本格的に英国ラインで繁殖をするインスピレーションプードルの始祖犬となったのです。




ムーニーへ…。
ムーニーとはドッグショーにも沢山行きましたね。CH完成後は数回の計画繁殖のみで、私のポリシーであまり繁殖はしなかったけれど、自分で次世代へ残す子を含めても、こんなにショーを走ってくれた犬達が多かったことにびっくりしています。
初めての出産でナッツ、ピア、ドロップと仔犬たちも素敵にショーチャレンジしましたね!!

2回目の出産では蒔き、美優ちゃんと素敵な仔犬たちを育ててくれました。

3回目の出産はサーター、アンダギーと、なかなか楽しい仔犬たちが育ちました。

みんな、みんな、素敵な家族のもとへ行った子ばかりでした。今でもナッツや美優ちゃんは写真を送って近況を教えてくれています。






ありがとう!!ムーニー!!
インスピレーションはあなたのおかげで素晴らしいプードルの血統を残し、次世代に繋げてくれました。
大きな役割を終えたムーニーは数々のショードッグを育て上げたのち現役引退しました
これからは、我が家で残りの犬生をのんびり過ごしてくださいね。お疲れさまでした。

ピアと蒔きがあなたの大事な血を次世代に繋いでいきますね。
ありがとう!!ムーニー!!




ムーニーの現在

今は、学校の生徒さんの紹介のお宅で大事に可愛がられてます。

成犬の良さの理由としてよくいただくのは、
1. 仔犬からだと一からしつけをしなくてはいけないから年齢的に無理…。
2. 家庭犬として、トイレのしつけもしっかりとできていた。
3. 無駄吠えしないから飼いやすい。
などが代表的です。
年齢的にも落ち着いてるため、話し相手としても良い、とのお声もあります。

インスピレーション側としても、朝の散歩から一日が始まる犬の面倒は、私1人では7頭が精一杯の数です。仔犬など生まれてしまったら、更に大変になってしまいます。
一頭で可愛がっていただける、信用のおける愛情あふれる飼い主さまにお渡しした方が有意義な第2の犬生を送れると考えております。
しつけは家庭犬としてしっかりとしてあるので、自信を持って高齢のご夫婦に飼っていただけると思います(ブリーダー的な、一日中ゲージの中、という生活はさせておりません)。
また、せっかく後継のために仔犬を出産させても、頭数が増えたために次の繁殖ができない。という悪循環にならずにすみます。


余談ですが…。
ブリーダーの中には30頭、50頭、時には100頭以上を一度に飼ってらっしゃる方がいますが、それでは健康管理がまわらないと思います。
よほど多くのスタッフがいるなら話は別ですが、1人で10頭以上は「増殖屋」と考えます。





●ライル
ライルは私たちと共に生活し今年で10歳になりました。
この10年間で様々な活躍をしてくれましたが、いよいよ後進に道を譲りリタイアすることになりました。
ライルを私に譲って下さったブリーダーのノーナに感謝いたします。これからはのんびりと過ごそうね。




英国から2歳でJW(ジュニアワラント)の称号を持って英国から私と一緒に帰国したライルでした。

彼はすぐに日本のショーに走りわずか5回のドッグショーの出陳で日本のチャンピオンになりました。
そのうちの1回はプードルだけのショーでクラスに20頭エントリーがあった時に1席を獲得し、その後リザーブウィナーズまで取得できたときは2人で大喜びしました。

また、大きいFCIのドッグショーで全て外人の審査員でチャンピオンになる為の必要なC Cカードを取得し良い成績をとった彼は今でも動きも抜群、お顔もとても綺麗なそして、スクエアーなエレガントなタイプの犬です。

彼はあまり交配せずに仔犬も数頭しか残っていませんが、その子たちから今後のインスピレーションの後継に繋がるように繁殖して行きたいと考えてます。

今、学校の生徒さんのお知り合いで函南にお住いのオーナーさまが仔犬は買えないからとのことでご紹介頂き大切に飼って頂いてます。

毎月一回のトリミングのライルの様子を見れて、私も安心しています。